保険相談センター

ホーム > お知らせ

NEWS&TOPICS

2016/12/08

自転車保険

今年は、「自転車保険」に関するお問い合わせが多かったかと思います。

 

自転車の接触事故などがニュースでも取り上げられる事もあり、「自転車保険」の存在の認知度があがったのかと思います。

自転車を良く乗る人や、小さなお子様がいるお母様より「相手に対してケガをさせてしまうことが心配ですので加入したい」と相談を受けます。多くの方が自転車保険に加入しないと保障されないのでは思われるのですが、相手への賠償に備える保険として「個人賠償保険」があります(自転車保険には含まれています)。

 

自転車保険に加入しなくても、現在「火災保険」や「自動車保険」に特約として付帯されている方(中途付帯も可能)は、世帯主の方が加入していれば家族全員が対象となるため別途加入する必要はありません。ただし、自転車保険には相手への賠償以外に、ご自身がケガをして入院・通院したときの保障も付いておりますので、ご自信のケガにも備えたいのであれば加入をお奨めします。

 

最近では保険ショップだけではなく、コンビニや携帯電話会社の保険でも手軽に加入できるようになりました。

自転車を良く乗る方が家族にいましたら、一度確認・検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 保険相談センター
http://www.hoken-sc.com/
住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1F/6F
TEL:0120-875-875
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/07

来店型保険ショップ巡り

ここ10年で、来店型保険ショップが急激に店舗数を増やし、お客様の中には何店舗もまわりご自身にあった保険を探している方が多くみられるようになりました。相談する場所が増え、お客様にとっても良いことだと思われがちですが、本日のお客様のように当社に来店され、どうして当社も来店されたのか聞くと「行くところ行くところ提案される内容が違うけどどれが良いのか分からなくなりました」と駆け込まれる方も増えております。

 

生命保険の商品は、似た商品から異なる商品まで様々な種類があります。当社では、まずはお客様の状況・希望をしっかりヒアリング・確認し、複数社比較した上で、ご自身でご納得できるプランを一緒に作っていく相談を心がけております。

 

悩まれましたら、当社を「保険のセカンドオピニオン」としてご利用いただければと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 保険相談センター
http://www.hoken-sc.com/
住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1F/6F
TEL:0120-875-875
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/06

火災保険のご相談

今度、不動産をご購入されるということで、火災保険の相談でご来店されました。

 

火災保険では、火事の保障だけでなく、台風など風災害、大雨の水災害、泥棒などの盗難、築年数が経つと配管からの水漏れなど家に関わる総合的に保障できる保険となっております。また地震保険を付帯することで地震による損害にも備えられます。

 

多くの方が、火災保険(家財保険)にご加入しているものの、詳しく内容を理解していないため未請求のまま終わっていることが多いかと思います。

 

今後、不動産購入を予定している方は引渡しまでに、現在加入されている方はいつでも見直し、加入が可能となっております。この機会に一度、火災保険の内容を確認し、将来起こるリスクに備えてはいかがでしょうか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 保険相談センター
http://www.hoken-sc.com/
住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1F/6F
TEL:0120-875-875
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/05

保険加入者の海外転勤に伴う注意点

昨今、グローバル化に伴い、海外転勤されるお客様が増えてきているように感じます。

その際、保険契約はどのような手続き必要かご案内したいと思います。

 

保険契約すると、一般的に年2回郵便物が届きます。1つ目は「保険内容のお知らせ」、2つ目は「控除証明書」の2つが保険会社から毎年届く書類となります。海外転勤の際、住所登録は海外での設定はできないため、ご実家など必ず郵便物が届く住所へまずは変更していただく必要があります(保険会社によっては別途海外転勤に伴う申請が必要なケースもあります)。

 

次に、保険料引き落とし口座の確認。生命保険は保険料の引き落としが継続できないと失効(保障が無効となる)してしまうことがあります。そのため、残高確認ができるようにしていただくか多めに残高を設定しておく必要があります。

 

最後に、手続きをした保険代理店の担当者に、上記の旨を伝え、海外での電話番号もしくはメールアドレス等を伝えておくことで緊急時などの対応がスムーズになります。

 

悩んだら、ネット検索などで答えを探すのではなく、当社まで気軽にご相談下さい。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 保険相談センター
http://www.hoken-sc.com/
住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1F/6F
TEL:0120-875-875
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/04

まだまだ間に合う「ふるさと納税」

最近、生命保険の相談時に、生命保険相談以外でお客様から「ふるさと納税」についても教えて欲しいといわれることが増えてきております。当社ではFPの資格も持った相談員が在籍しておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

ふるさと納税とは

 

好きな地方自治体に寄付をした時に、年収と寄付額に応じて所得税と住民税還付してもらう制度。自己負担2千円で地方自治体の特産品などが貰えるため人気が集まっております。

<ワンストップ特例制度が便利(確定申告の不要な給与所得者等で、1年間の寄付先が5自治体まででふるさと納税を行う際、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組み。この制度を利用した場合、控除額全てが翌年度の住民税から控除されます)>

 

実施時は、注意点もありますのでご確認の上、行ってください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 保険相談センター
http://www.hoken-sc.com/
住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1F/6F
TEL:0120-875-875
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧