保険選びは、相談がいちばん。 保険相談センター

予約フォーム

お電話でのご予約は フリーダイアル 0120-875-875

書籍・TV・ラジオでも活躍するプロの相談員が対応

 初回の相談のなかで、とりあえず生命保険、医療保険、学資保険に加入したほうがいいということで話はまとまりました。そして次回までに、数ある保険会社のなかから適したプランの候補を絞り、話した内容をもとに今後の家計管理についてレポートを作成してくれるとのこと。たった1回の相談にもかかわらず、必要な保険内容が明確になっただけでも、全くの素人だった自分にとっては驚きでしたが、さらに驚いたのはその後でした。今まで何の保障もなく過ごしてきただけに、ここへ来て「一刻も早く保険の加入を…」と焦る私に、「お急ぎでしたら1~2日でプランを作成しますよ」と言ってもらえたことでした。必要であれば急な要望にも快く応じてくれるとのことでしたが、相談員の方から「家族でもあり、保険の受取人でもある奥様も一緒に話を聞いたほうが安心するし、納得できるはず」とアドバイスを受け、翌週の週末に改めて家族揃って相談に来ることに決めたのです。
 保険相談センターにいる方たちの多くが、保険や年金に関する書籍を出版していたり、テレビやラジオ、新聞、雑誌の取材でも活躍しているとのこと。そんなプロフェッショナルに親身に相談に乗ってもらえることは、とても心強く感じましたね。

キッズルーム付き相談室で子供連れでも安心

 予定通り、2回目の相談には妻と子供も一緒に訪れました。そこで提示されたのは、前回話した我が家の状況をもとに作成されたレポートでした。そこには現在の状況から何も変わりなく暮らしが続いた場合の家計の推移予想と、もし万が一のことが起きた場合の保障額、また子供の進学や住宅の購入など、お金が必要になるタイミングとその根拠を、グラフと共に分かりやすく説明されており、初めて話を聞く妻もすんなり理解できたようでした。また、前回の相談で希望していた保険は、30社近くある保険会社のなかから、我が家の状況に合った保険プランを3件に絞って提案してもらいました。同年代の家族が主に加入するプラン事例なども教えてもらったおかげで、あれこれ頭を悩ませることなくスムーズに決めることができました。
 それと2回目の相談では、遊具のあるキッズルーム付き相談室を用意してもらえたことがありがたかったですね。相談に行く前、3歳になったばかりの娘を連れて行くことに「退屈して、じっとしていないのでは?」と妻も私も懸念していたのですが、そんな心配は無用に。私たちが相談員の話を聞いている間も、目の届く場所で娘も伸び伸び遊ぶことができ、本当に助かりましたよ。

健康なうちの保険加入が大切です!

ページの先頭へ