保険相談センター

ホーム > 死後の立直し資金

死後の立直し資金

あなたが万一の時、残された遺族は悲しみとともにこれからの暮らしを考えなければなりません。たとえ遺族年金や生命保険金を受取るにせよ、手続きをしてから実際の給付までには数カ月待たなくてはなりません。この期間にかかる生活費を乗り切るワンポイントの準備資金、これがいわゆる死後の立直し資金です。

では、死後の立直し資金はいくらくらい必要なのでしょうか。その金額は、一般的にいえば生活費の半年分、6ヶ月程度が必要といわれています。
しかし生活費と一口にいっても、各家庭の家族構成や現在の収入、資産の状況、子どもの年齢などでさまざまなケースが考えられます。ですからあらかじめ自分の家族にふさわしい立直し資金を把握して、生前にきちんと準備しておくことが大切です。
家族を亡くした悲しみと将来への不安がいっぱいのこの時期、金銭的な不安から解放されることは心理的にはとても大きな支えです。
遺された家族の負担を少しでも取り除いてあげるためにも、一日も早い新たな生活の立直しを望むためにも、死後の立直し資金はぜひ用意しておきたいものです。

そこで保険相談センターです。どんな対策がふさわしいのか、お客さまといっしょになって親身に考えます。
「家族の生活の立直しにはいくらかかるのだろうか。」「対策にはどんな方法があるのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。あなたもお気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧