保険相談センター

ホーム > 相続対策資金

相続対策資金

あなたが万一の時、自分名義の土地や家屋など資産が子どもたちに相続されるとすると、よくご存じのように相続税がかけられます。
相続されたものの資産価値が大きければ大きいほど多額の相続税を払わなければなりません。そして相続税を払うお金の準備がしていなかった場合、相続した土地や家屋を売却してその代金で払わなければならなくなります。
これでは先祖から守ってきた財産は四散して、相続人のメリットも小さくなってしまいます。そうならないためにすこしでも相続税を合理的に軽減するために、生前からしておくのが相続対策です。
そしてその対策の結果、相続税の支払いに必要な額が相続対策資金というわけです。ですから相続対策資金の第一歩は、自分の場合の相続税はいったいいくらくらいかかってくるのかを知ることから始まります。
計算式は、

となります。

さて国税庁の調査によれば、資産の7割以上が土地となっています。先祖代々伝わる土地や家、そして親から受け継いだ大切な財産が自分の代で相続対策を怠ったために税金として泡のようになくなってしまった、そんなことのないように準備しておくことが肝心です。

そこで保険相談センターです。どんな相続対策がふさわしいのか、どういうやり方が有利なのかをお客様といっしょになって親身に考えます。
「対策にはどんな方法があるのか?」「どれがもっとも効率的なのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。あなたもお気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧