保険相談センター

ホーム > 葬儀資金

葬儀資金

自分の葬儀はいくらかかるのだろうか? これを知っておくことはけっしてムダなことではありません。 むしろだいたいの相場を知って、それに合わせた葬儀資金を準備しておくことは、家族に対してあなたの最後の勤めだともいえます。では実際に葬儀にはどのくらいの金額がかかるのでしょうか?

<!–

–>
全国平均葬儀費用
葬儀費用一式 122.2万円
飲食接待費用 33.9万円
寺院の費用 44.6万円
葬儀費用の合計 188.9万円

資料:平成26年1月 日本消費者協会「第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告」

この表から、葬儀にかかる金額の合計は約200万円となっております。 これに香典返しなども含めますと約300万円ぐらいになるようです。  ただし、これは葬儀だけの金額でこれにプラスして、お墓の無い人は墓地代と墓石が必要ですし、分家なら仏壇も購入する必要があるかもしれません。
こうしたお金をすべて合計すると相当額になってしまうことは確かです。 ですからこの頃は、家族と親族、本当に親しかった方だけの内輪の葬儀ですます方も増えていますし、墓や仏壇もさまざまな形式のものが登場してきています。
要は、自分がどのような葬儀によって見送ってもらいたいのかを生前から家族にきちんと伝えておくこと。そしてそれにかかる費用を概算して、生きている間に準備しておくこと。 これが大切なのです。

そこで保険相談センターです。葬儀資金を準備する仕方にはさまざまな方法があります。
あなたの葬儀資金を準備する方法をお客様といっしょになって考えます。
「どうやって確保すればよいのか。」「準備にはどんな方法があるのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。 お気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧