保険相談センター

ホーム > 住宅資金

住宅資金

「マイホーム」はいつの時代でも家族の安らぎの場であり、ゆとりある暮らしの象徴です。
家族といえば「マイホーム」と答えるほど、「家」への願望はとても強いものがあります。
そのマイホームの夢を実現する資金が住宅資金です。住宅資金は住宅の購入に際して頭金の役割を果たすものです。ではこの住宅資金には、いったいどれくらいの金額を用意すればよいのでしょうか?

たいていの人にとって生涯で一番高額な買い物、それが「マイホーム」です。国土交通省のこの表から、住宅にかかる費用は、注文住宅を建てる場合では土地購入費と合わせて約4200万円。分譲住宅を購入する場合では約3800万円が必要です。購入に際しては大半の人が住宅ローンを利用していますが、それでも最低限、購入価格の2~3割の自己資金がないと月々のローン返済が大変に厳しくなります。ですからまずはこの自己資金分を用意することがポイントです。
しかしこのような多額の資金を準備するにはどのようにすればようのでしょうか。

そこで保険相談センターです。住宅資金を準備するにはさまざまな方法があります。
無理なく計画的に準備していく方法をお客様といっしょになって考えます。
「住宅資金をどうやって確保すればよいのか。」「準備にはどんな方法があるのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。あなたも、お気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧