保険相談センター

ホーム > 緊急資金

緊急資金

交通事故、病気、怪我… 毎日の暮らしのなかでアクシデントは突発的にやってきます。
しかも急にまとまったお金が必要になる場合はアクシデント以外でもしばしばあります。
でもたとえ予期していなかったことが起きても備えさえきちんとしていれば心強いもの。こうした不測の事態に備えて前もって準備しておく資金のことを「緊急資金」といいます。
では緊急資金が必要になる事例は具体的にどんな場合があるのでしょうか?
たとえばつぎのようなケースが考えられます。

こうしたケースに対応する資金は、毎月の生活費の約3ヶ月分程度が必要だと一般的にはいわれています。もちろん額はケースによって異なります。大きな事故や家のリフォーム、新車購入などではかかる費用も高額な数字になってくることでしょう。つまり緊急資金はいくらくらい必要ということを一言でいうことはできません。しかし自分の生活にあわせた額をしっかり準備しておけば、いざというときに安心なのはいうまでもありません。

そこで保険相談センターです。緊急資金を準備する仕方にはさまざまな方法があります。
ご希望のプランを計画的に準備していく方法をお客様といっしょになって考えます。
「資金をどうやって確保すればよいのか。」「準備にはどんな方法があるのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。あなたも、お気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧