保険相談センター

ホーム > 教育資金

教育資金

親として、子どもたちが持っている夢はちゃんと実現できるようにしてやりたいものです。
たとえば子どもの進学の希望を、経済的な理由だけであきらめてしまうのはちょっともったいないと思いませんか? その資金を前もって少しずつ準備しておけば経済的問題は解決します。教育資金とは、親が子どもの成長にあわせて計画的に準備しておきたいもののひとつです。とはいうものの、実際に幼稚園から大学まで教育を受けるといくらぐらいの教育資金がかかるのでしょうか?

<!–

–>

保育者が支出した1人あたりの年間支出額

<!–

保育者が支出した1人あたりの年間支出額

–> <!–

大学の初年度納入金

–> <!–

下宿大学生への仕送り

–> <!–

幼稚園から大学までの学費総額

–>

この表でみると、大学まですべて公立学校に進学した場合、必要な教育資金は約800万円、すべて私立学校(大学は文系を選択)に進学した場合、必要な教育資金は約2,000万円で、金額の差は約2倍以上になります。また、大学に下宿して通学することになると、仕送りも必要になります。首都圏などの都市部とそうでない地域の生活費の違いもありますが、年々上昇傾向の学費などの要素も考慮すると、今後も教育にかかるお金はますます高額なものになっていくと考えられます。

そこで保険相談センターです。将来かならず必要となってくる教育資金を、無理なく計画的に準備していく方法をお客さまといっしょに考えます。
「教育資金をどうやって確保すればよいのか。」「準備の仕方にはどんな方法があるのか?」。
こうした疑問や質問に、相談者の希望、条件などを加味して、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。あなたも、お気軽にご相談ください。

相談予約はこちら

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧