保険相談センター

ホーム > 各保険の詳細

各保険の詳細

定期保険

定期保険とは「保険期間が定まっていて満期時の返戻金がない」保険です。
一般的には、保険期間を10年満期、あるいは10年更新など短期に区切ってあり、その間の保険料を安く設定してあるのが特徴です。「満期型」と「更新型」があって、「満期型」は、満期になった時点で保障は終了します。

「更新型」は、一定期間が過ぎると自動的に更新され、更新時の保険料で再計算されるため保険料が段階的に高くなっていきます。 その分、始めの一定期間は保険料が安く設定されており、お子さまなどのいる会社員の方に一般的な保険といえるでしょう。 さまざまな商品がでていますが、一定年齢(80歳や85歳)になると更新ができなくなります。

終身保険

終身保険とは「生涯の死亡保障を確保する」保険です。そしてもうひとつの特徴は、保障と同時に老後のそなえとしても利用できる点です。
60歳や65歳など一定の年齢になった時に支払いは終了(保障は死ぬまで継続される)するタイプが一般的ですが、保障が必要なうちは支払い続けるタイプもあります。

終身保険の場合は、保険料は将来の死亡保険金などに当てていますので掛け捨てにはなりません。 途中解約しても一定期間後であれば解約返戻金があり貯蓄性もかねそなえているというわけです。 保障と同時に老後のそなえを考えている方、公務員など安定収入が見込める方、相続対策が必要な方などにぴったりです。

養老保険

養老保険とは「死亡保障額と満期受取金額が同じ額になる」保険です。 保険の満期になると、満期金が受け取ることができ保障も終了します。

かつて保険といえば、このタイプの保険がメインでしたが、高額の保障を維持するためには当然高額の保険料を払い込まなくてはなりません。 そのため、いまでは「貯蓄をメインに考え、保障もついた保険」という第二の保険として利用されているケースが多いようです。 さらに手もとにまとまったお金があって、10年以上運用したい時など、保障のついた一時払いの金融商品として利用する方法もあります。 このケースでは、途中解約すると一時払いしたお金が元本割れしてしまいますのでご注意ください。

医療保険

医療保険とは「病気やケガで入院した時、給付金が受け取れる」保険です。
給付金には、入院給付金、手術給付金などがあり、入院給付金では、入院の日額、限度日数などが決められています。 また手術した場合は、その手術・内容に応じた金額が支給されます(実際の手術にかかった金額が支給されるわけではありません)。

この医療保険は、保険会社からたくさんの種類が出ていて、その内容は、一見するとどれも同じように見えますが、ちきんと比較検討してみると、入院給付の設定方法、保障期間、貯蓄性、支払期間、入院日数の条件、一回の入院についての支払限度日数、健康状態の告知、などなどさまざまな特徴や違いがあります。

がん保険

がん保険とは「がんにかかった時、給付金が受け取れる」保険です。
その内容は、がんと診断されたときに給付される診断一時金。がん治療のための入院給付金と手術給付金。 このほかに通院や先進医療などをカバーする特約も選択して保障内容に付け加えることができます。 このがん保険の保障期間は、一定期間と終身から選べて、さらに解約返戻金のあるタイプ、かけ捨てタイプがあります。

がんは、日本人の死亡病因の上位に定着しています。 親や兄弟、親族のなかでがんになった人がいる方は、もしものそなえのひとつとして準備しておくのもいいかもしれません。 低額な保険料のがん保険に特化した商品も注目されています。

収入保障保険

収入保障保険とは、万一の時に「一時金ではなく毎年あるいは月ごとに決められた額を遺族が受け取れる」保険です。

収入保障保険には、2種類あって、まず一般的なタイプが、契約の残存期間に応じて保障を受けるタイプ、そしてもうひとつは、死亡時期にかかわりなく受取期間が10年や15年、または終身などといった受取期間のあいだ保障するタイプ、このふたつのタイプがあります。 前者のタイプでは、契約の残存期間に応じて保障を受けるので受取時期が遅いほど受取金額の合計額が少なくなります。 契約期間の残りわずかで死亡した場合など、ほとんど保障されないということになってしまいます。 そこで各商品は最低支払保証期間を設定して対処しています。

逓減定期保険

逓減定期保険とは「保険期間が定められ、満期に近づくにつれ死亡保険金額がだんだん減っていく」保険です。

「逓減」とは「だんだん減っていく」ことで、この保険の特徴は、契約期間が経つにつれて保障額がスライドして減っていくことです。 この仕組みによって定期保険に比べて保険料をより安く抑えることができます。子供のいる家庭では家族や子供の成長につれてだんだん保障額は少なくしていく、というライフプランにかなった合理的なシステムの保険で、保険料をなるべく抑えたい人にも魅力です。

逓増定期保険

逓増定期保険とは、「保険期間が定められ、保険料は変わらず保険期間の経過に応じて死亡保険金額が増加していく」保険です。

「逓増」とは「だんだん増えていく」という意味であり、この保険の特徴は、保険料は変わらず保険期間の経過に応じて保障額が増えていくことです。保険期間が定められていますので、保険期間満了時には保険金は支払われません。しかし、多くの場合保険期間の中途で解約返戻金が発生しますので、死亡保険金と解約返戻金の特性を活かして会社経営者の死亡・生存退職金両方の準備の目的など、幅広く活用されています。

保険の種類へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧