保険相談センター
ホーム > 退職慰労金・老後生活費対策

退職慰労金・老後生活費対策

退職金の税制優遇

以下の内容は、平成26年7月時点での税制に基づく一般的な取扱いについて記載しています。 税務上の取扱いが税制改正などで変更になることがありますのでご注意ください。
また個別の取扱い等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。

退職金は所得税・住民税が優遇されています。確実に受け取れるようにしておきましょう。

退職金の税制優遇(法人)

役員退職金は適正額までは損金算入ができます。

死損金可能な勇退退職金亡退職金の算出

退職金の計算方法としては一般的に功績倍率方式があります。同規模・同業他社の功績倍率を参考に上記算定式によって役員退職金の適正額を算出します。適正額までは、法人の損金に算入できます。
実際には顧問税理士などと相談の上、支給基準を定めます。

常勤役員の功績倍率モデル例


役員退職慰労金の2回受け取り

勇退時の役員退職慰労金は、代表取締役を辞任するときに1回と、その後会長や顧問として会社に貢献し、その後完全勇退する時の2回役員が受け取ることもできます。

「みなし退職」と「完全勇退」のイメージ

法人のお客様ホームへ戻る


保険相談センターTV

相談予約

最新ニュース一覧