カテゴリ:
投稿者: ipdelta

ユニクロが社内の公用語を英語にするというニュースがありましたが、最近、楽天からも同様の発表がありました。英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト「TOEIC」のスコアを重視する企業も増えています。
 

 
グローバル時代となり小学校でも英語が必修となっています。また、ご両親の「英語を話せるようになってほしい」という思いなどから、学校外での英語学習をしている子どもたちもいます。
 

 
ベネッセの統計(※)によると、学校外で英語学習を「行っている」小学生は2割弱で、
 
1カ月の費用は、「5,000円~10,000円未満」が最多で56.1%。平均金額でみると、7,000円弱といったデータがあります(学校外で英語学習を「行っている」場合の費用)。
 

 
※Benesse教育研究開発センター『第1回 小学校英語に関する基本調査(保護者調査)報告書』(調査時期2006年9月~10月)
 

 
 学生時代に習った英語を活かせるようになるといいですね。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

7月16日(金)、17日(土)に吹上ホールにて名証IRエキスポ2010が開催されます。
 
上場企業が投資家に対し、業務内容や業績などを説明するIRイベントです。テレビやインターネット、雑誌などで人気の講師による講演会もあります。
 

 
家計の総合相談センターでは、「行列のできる家計の総合相談所」と題し、ファイナンシャルプランナー、税理士、相続コンサルタントなど資産管理のプロが「決算書の見方、証券税制、相続税等」に関してセミナーを開催します。相談コーナーを設け個別相談も実施します。ぜひご参加ください。
 

 
セミナー詳細はこちらのホームページでご確認ください。
 
http://www.nse.or.jp/ir_expo/2010/investor/event/index.html#03
 

 
●名証IRエキスポ2010へご入場いただくためには事前お申込みが必要です。
 
名証IRエキスポ2010のホームページからお申込みください。
 
http://www.nse.or.jp/ir_expo/2010/investor/index.html
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

 

 
昨日、菅直人首相から消費税率を10%への引き上げる案についての言及がありました。
 

 
日本では平成元年(1987年)に消費税3%が導入されました。そして、平成7年に2%アップして5%になっています。
 
これと同じような税制として、全世界100以上の国や地域で「付加価値税」が導入されています。ユーロ圏では20%前後となっており、各国と比べると日本は低い水準です。
 

 
消費税が上がったら買い物するときに、税率の引き上げ分、物価が上がることになります。
 
収入を増やす、支出を減らす、お金の運用利回りを上げるなど家計管理を真剣に考えていくことがより大切になります。
 
そして、消費税の使い道をしっかりと注視していきたいですね。
 

 
【参考】国税庁ホームーページ 税の学習コーナー 「税の国際比較」
 
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/gakushu/hatten/page13.html?non
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

低金利時代が続いています。
 
お金を2倍に殖やすにはどのくらいの年数がかかるのでしょうか。
 
簡単に計算できる法則があります。
 
72を金利で割ってみるのです。
 
たとえば、大手の銀行の普通預金の金利は0.04%程度です。
 
0.04%で運用するとお金が2倍になるには・・・
 
72÷0.04%=1800年
 

 
なんと1800年かかってしまうのです。
 
現在の低金利ではなかなかお金が殖えませんね。
 
それでは、30年でお金を2倍に殖やすには何パーセントで運用すればいいのでしょうか。
 
72÷30年=2.4%
 

 
お金を殖やす運用力を身につけたいですね。運用力をアップするにはセミナ―に参加して勉強するのもひとつの方法です。
 
弊社では、お金に関するセミナーを定期的に開催していますので、ぜひご参加ください。次回の開催予定は8月です。
 

 
~72の法則~
 
元金を2倍にするのに必要な年数を計算する公式です。
 
72÷金利(%)=年数

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

今年の3月(4月納付分)から協会けんぽの健康保険料がアップしました。協会けんぽは、中小企業の会社員とそのご家族の皆様が加入する健康保険のことです。
 
大企業の会社員とそのご家族の皆様が加入する健保組合でも高齢化に伴う医療費の支出増などで財政が悪化しており、保険料の引き上げを行う健保組合も増えることが予想されます。
 

 
保険料の上昇率は、医療が8.19%から9.33%(愛知県)、介護が1.19%から1.5%に上がります(保険料は労使折半)。また、雇用保険(一般の事業)も1.1%から1.55%に上がります(本人負担は0.4%から0.6%)。本人負担の上昇率を合計すると0.825%になりますので、年収に0.82%をかけた金額が負担増加金額になり、概算計算をすることができます。40歳未満の方は介護保険料の負担がありませんので、年収に0.515%をかけた金額が概算の増加額になります。
 

 
40歳以上の方の2010年の保険料の増加額(概算)
 
年収500万円の場合、約4万1,000円
 
年収800万円の場合、約6万6,600円
 
※上記は概算額です。給与明細で毎月の保険料額をご確認ください。
 

 
今年の9月には厚生年金の保険料がアップします。少しずつ負担が増えているので、気がついていない人も多いかもしれません。給与明細を確認し、定期的に家計管理を行うことが大切ですね。
 



相談予約はこちらから。
相談予約

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031