カテゴリ:
投稿者: ipdelta

シルバーウィークはいかがお過ごしですか。
 
今日は、社会のために長年働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う敬老の日。人生の先輩への敬意を示し、大切に過ごしたいものですね。
 

 
総務省が発表した統計調査によると、9月15日現在で65歳以上の高齢者人口は昨年より80万人増の2898万人。女性は4人に1人が高齢者とのこと。
 

 
また厚生労働省の調べによると、100歳以上の人口は4万399人(2009/9/1調査)。
 
最高齢者は沖縄在住の女性で114歳。男性の最高齢者は京都府在住の112歳とのこと。
 
「敬老の日が制定された1963年では153人だった」ことから、この46年の間に264倍になったそうです。100歳まで生きるのも夢ではないかもしれません。
 

 
では何歳までライフプランを立てたらよいのでしょう。
 
上記のデータをふまえると100歳まで計画することも、選択肢の一つです。
 
また参考になるのが、平均余命です。「平均余命」とは、ある年齢の人々が平均してあと何年生きられるのか、その年数のことをいいます。
 
平均寿命とはつまり0歳時赤ちゃんの平均余命です。0歳時の平均余命は男性79.19歳、女性が85.99歳です(厚生労働省平成19年簡易生命表)。
 
リタイアメントプランを立てる際によく利用されるのは、60歳時の平均余命です。60歳時の平均余命は、男性22.54、女性で28.06。つまり男性は82歳、女性は88歳となりますね。
 
やはり退職後も30年はライフプランを立てておくと安心です。
 

 
安心して長生きできるよう、シルバーウィークに老後の計画を立てみるのも、有意義な過ごし方になるのではないでしょうか。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

出産を控えたご家庭からは、「出産費用はいくらかかる?」「健康保険が適用されず高額になるのでは?」とご相談いただくこともあります。出産に関してのお金については健康保険から支給される「出産育児一時金」を確認しておきましょう。
 
「出産育児一時金」は、健康保険の被保険者またはその被扶養者が妊娠4カ月以上で出産した場合に支給されます。平成21年9月現在子供一人に対して38万円*が支給されていますが、 緊急少子化対策として平成21年10月~平成23年3月末までの間、期間限定で42万円となります。
 
「出産育児一時金」はこれまでは一旦病院に出産費用を支払った後、後日健康保険から本人へ支払われていましたが、10月以降は原則として直接病院へ支払われることになりました。出産にかかった費用が出産育児一時金の支給額以内の場合、その差額分を出産後、健康保険の窓口へ請求すると差額分が支給されます。また、出産にかかった費用が出産育児一時金の支給額を超える場合には、その超えた額を病院へ支払うことになります。
 
このような支給方法に変わったことで、出産にかかるまとまった費用を事前に準備する必要がなく、安心して出産に臨むことができますね。
 

 
※産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

車を買おうと考えている人にとっては、ちょっとお得なお話ですが、環境対応車(いわゆるエコカー)を購入する場合、税金がお安くなるのをご存じですか?
 

 
まずは、車にかかわる税金をおさらいしてみましょう。
 
車の税金といえば、自動車取得税、自動車重量税と自動車税や消費税などが挙げられます。
 

 
自動車取得税:道路に関する費用にあてるため、都道府県が自動車の取得者に課する目的税です。自家用自動車は取得価額の5%(新車の場合は販売価格の90%に課税)
 
自動車重量税:自動車の重量に対して課税される国税で、新車購入時と車検時にかかります。自家用乗用自動車(車検2年)の場合、車両重量0.5tごとに12,600円。(例:1.5tの場合は37,800円)
 
自動車税:毎年4月1日現在の自動車の所有者に課税される都道府県税です。自動車の種類や排気量などによって決まります。1501~2000㏄の場合は39,500円/年。
 

 
それらの税金が減税されるのが、今年4月から始まったエコカー減税なのです。
 
エコカー減税は、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした環境性能に優れた車の初期費用の自動車税、自動車重量税、自動車取得税などが優遇される制度です。
 
減税対象車は車により異なりますが、主な例で対象期間と優遇幅を、以下にてご覧ください。
 

 
【自動車取得税】 対象期間:平成21年4月1日~平成24年3月31日(新車の場合)
 
【自動車重量税】 対象期間:平成21年4月1日~平成24年4月30日
 
減税割合:
 
①ハイブリッド車     :100%減税
 
②低燃費低排出ガス車※1 :75%軽減 
 
③低燃費低排出ガス車※2 :50%軽減 
 

 
※1 平成17年排出ガス基準値75%軽減達成かつ平成22年度燃費基準値25%以上達成車
 
※2 平成17年排出ガス基準値75%軽減達成かつ平成22年度燃費基準値15・20%以上達成車
 

 
【自動車税】 対象期間:平成20年4月1日~平成22年3月31日(登録翌年度適用)
 
①:50%軽減
 
②:50%軽減
 
③:25%軽減
 

 
さらに、平成21年4月10日~平成22年3月31日までに新車のエコカーを購入(新車新規登録)する場合、国からの「新車購入補助金」も交付されるのです。
 
新車のエコカーを購入する場合は10万円の補助金が受け取れます。(軽自動車ではそれぞれ12.5万円、5万円です。)
 
もし、現在お乗りの車が最初の登録から13年を超えた車であれば、その車を「廃車」にして、新車のエコカーを購入する場合は25万円もの補助金が受け取れることになります。
 

 
それらの優遇措置を利用できれば、例えば、自家用乗用車で車両本体価格180万円、車両重量1.5t未満で②の車を購入した場合の減税額は、重量税42,600円・取得税60,800円で合計103,400円さらに補助金がプラス10万円受け取れるので203,400円もお得に車を購入することができるのです。
 

 
エコカー減税の対象かどうかやいくら減税になるかどうかは、車ごとに異なるので、詳しくは販売店などで確認してください。
 

 
車を買う予定の人にとっては、ちょっとうれしい話ですよね。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

一般的に20年~35年と長い期間をかけて返済することが多い住宅ローンは、途中で金利が変わらないタイプが安心と言えます。そんな全期間固定金利の住宅ローンを利用する場合にまずチェックしたいのが「フラット35」です。この「フラット35」、平成21年6月4日申し込み分より「経済危機対策」に伴い、以下のような制度の拡充が実施されています。
 
★建設費・購入価額の100%まで融資が可能となりました。(以前は90%まで)
 
★融資対象となる諸費用の範囲が広がりました。
 
★以下のいずれかの基準を満たす住宅の場合、当初20年間の金利を年0.3%引き下げます。
 
①バリアフリー性(一戸建の場合、住宅性能表示4または5等級レベル)
 
②省エネルギー性(新省エネ法適合)
 
③耐震性(住宅性能表示3等級レベル)
 
④耐久性・可変性(長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づき長期優良住宅の
 
         認定を受けた住宅)
 
 ★住宅ローンの借り換えにも利用可能
 

 
より優良な住宅を建築・購入したいと考える方にとっては当初20年間の金利が0.3%引き下げられるのは嬉しい制度です。例えば、2000万円の借入、30年返済、金利3%、とした場合、20年間0.3%の金利引き下げで約100万円の利息支払いが軽減されます。物件を見る際にも基準を満たしているのかどうかを確認してみるのもいいでしょう。
 
今回の制度拡充で、100%の融資や諸費用の融資など多くの金額が利用できるようになった反面、より多くの金額を借りる場合、その後のローン返済の負担が増えライフプランに影響を及ぼすことも考えられます。住宅購入の際には、必ず長期間に亘ってのライフプランを作成した上でのローン返済計画を考えることが必要です。
 
ただし、住宅ローンは細かい条件の違いでも大きく返済額が変わることもあります。より有利な返済計画を立てるためにもぜひ「住宅相談センター」をご利用ください。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

エコポイント制度は、統一省エネラベル4☆以上の「エアコン」「冷蔵庫」「地上デジタル放送対応テレビ」を平成21年5月15日~平成22年3月31日の間に購入することで、エコポイントが取得でき、そのポイントを様々な商品・サービスと交換することができるものです。
 

 
そのエコポイントが平成21年7月1日から商品と交換することができるようになりました。交換商品は、省エネ、環境配慮に優れた商品、全国で使える商品券・プリペイドカード・地域振興に資するものなどから選ばれています。
 

 
例えば、各地域の鉄道などのプリペイドカード、おこめやビールアイスクリームなどのギフト件、図書券、旅行券、デパートやスーパーの商品券、電子マネーへの交換、商店街など地域型の商品券、通販やネットの商品交換、省エネ・環境製品など様々です。
 

 
交換手続きには、エコポイント事務局への申請が必要となり、エコポイント事務局のHP(http://eco-points.jp/EP/index.html)にある入力フォームか、家電販売店、郵便局などにある申請書を記入し、エコポイント登録・交換申請書に保証書のコピー 、領収書/レシートの原本、家電リサイクル券の排出者控えのコピー(リサイクルされた方のみ必要)を貼り付けて、エコポイント事務局まで提出することになります。
 

 
交換期限は平成24年3月31日となっていますので、ご注意ください。
 



相談予約はこちらから。
相談予約

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30