カテゴリ:
投稿者: ipdelta

1月は年間の計画を立てる人が多い月ですが、みなさんは、今年はどんなライフプラン(夢)をかたちにしていくご予定ですか?
 

 
今年こそはマイホームを購入するぞ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

 
マイホームを購入する場合には、ローンを利用する方も多いですよね。代表的なローンに住宅金融支援機構の【フラット35】があります。
 

 
【フラット35】は住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する長期固定金利の住宅ローンです。【フラット35】Sは省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅を取得する場合に【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
 

 
その【フラット35】の制度が4月以降の申し込み分から変わる予定なので、夢の実現に向けて確認しておきましょう。
 

 
[変更点 1] 【フラット35】と【フラット35】Sベーシックの 融資率の上限が建設費または購入価額の100%から90%に縮小されます。
 

 
 例えば、新築住宅購入価格が3,500万円なら今までは購入価格全額を借り入れることができましたが、4月申し込み分からは融資限度額が9割の3,150万円までとなります。
 
※【フラット35】(保証型)と【フラット35】借換融資は100%のままです。
 

 
[変更点 2] 【フラット35】Sベーシックの金利引き下げ期間が短縮されます。
 

 
【フラット35】Sベーシック(金利Aプラン)は当初20年間が金利引き下げ期間ですが、当初10年に短縮されます。(金利Bプラン)も金利引き下げ期間が当初10年から当初5年になります。引き下げ期間中は通常金利から年▲0.3%の金利が適用されますが、引き下げ期間が短縮されると、同じ条件であれば、返済額は多くなってしまいますよね。
 

 
それに加え、【フラット35】Sエコについても秋ごろから同様の変更が予定されています。
 

 
この制度変更は平成24年度予算の成立後正式に決定される予定なので、特に利用予定の方は、今後の推移を注視しておきましょう。また、【フラット35】Sは予算金額が達したら受付が終了されてしまいますので、利用する予定の方は早めの準備が大切ですね。
 

 

 
何か疑問はございません? みなさんのご来店をお待ちしています♪
 
 保険のご相談は保険相談センターへ 保険相談センター
 
 家計のご相談は家計の総合相談センターへ 家計の総合相談センター
 

 

12/01/04 : 新年のご挨拶

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

こんにちは、ハナコです♪
 
新しい年を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

 
今年は辰年ですが、どんな年になるのでしょうか。
 
うるう年でもありますので、夏にはオリンピックが開催されます。
 
12年前の辰年に開催されたシドニーオリンピックでは、
 
高橋尚子選手が金メダルを獲得し、日本中が沸き立ちました。
 
今年のロンドンオリンピックでも、日本選手の活躍を期待したいですね!
 

 
また、3月にロシア大統領選挙、
 
10月には第18回中国共産党全国代表大会、
 
11月はアメリカ合衆国大統領選挙があります。
 
フランス、韓国、台湾でもトップに関わる選挙が行われることもあり、
 
新政権や政策に対する期待が高まりやすい年でもあるそうです。
 

 
家計においても、年金支給年齢や消費税率の引き上げ、
 
TPPへの参加表明など、
 
私たちの生活にも変化のある一年となりそうです。
 
家計の総合相談センターでは、ライフプラン通信やセミナーなどを通し、
 
みなさんに情報提供をしていきたいと思っています。
 

 
2012年 辰年は、
 
「昇り竜」のイメージ通り、日本復興再生にふさわしい年になりますように!
 



相談予約はこちらから。
相談予約

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930