カテゴリ:
投稿者: ipdelta

こんにちは!ハナコです♪
 

 
今日は嬉しいニュースを皆さんにお知らせします。
 

 
保険相談センターの加藤直生が、中京テレビの「幸せの黄色い仔犬」に取材されました。
 

 
加藤は、車椅子バスケットボール競技を10年以上続けていて、
 
先日行われた第11回全国障害者スポーツ大会(おいでませ!山口大会)の
 
愛知県代表チームのキャプテンとして出場し、なんと決勝まで進みました!!
 
試合中の加藤の様子をご覧ください!
 
かっこいいです(*^_^*)
 

 

夏のライフプランセミナー

 

夏のライフプランセミナー

 
 

 
保険相談センターには、加藤の他にも、仕事を頑張りながら、
 
車椅子バスケットボールの練習に励んでいるメンバーが2人もいます。
 
皆さん、これからも応援宜しくお願い致します!!
 

 
今回の取材の模様は、
 
中京テレビの番組「黄色い仔犬」内で11月5日(土)に放送されます。
 
こちらもご覧ください。
 
応援団長・ハナコも、放送を楽しみにしています♪
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

 
1,000兆円! この数字は、平成23年度末の国の借金の残高です。(第3次補正予算成立後) どうして、こんな借金大国になったのでしょうか?
 

 
   教育などの公共サービスや道路整備などの公共財の提供を受けるためなどに私たちは税金を払っていますよね。では、税金などの財源をどのように調達し、何に使われているか国の予算を見てみましょう。
 

 
  国は4月から翌3月までの1年間を会計年度としています。平成23年度の一般会計予算(2次補正後)を見てみると・・・
 

 
  収入である【歳入】は94兆7,155億円。
 
その内訳は、「所得税」13兆4,900億円(14.2%)、「消費税」10兆1,990億円(10.8%)、「法人税」7兆7,920億円(8.2%)、「公債金収入」44兆2,980億円(46.8%)等となっています。
 

 
 公債金収入は税収等で足りない分を国債を発行することで資金調達したものです。景気の悪化などで税収が落ち込み、私たちの納める税金では必要な予算の4割強しか賄う事が出来ず、歳入総額の半分近くは借金によるものになっているのです。
 

 
  一方、支出である【歳出】は94兆7,155億円。
 
その内訳は、「社会保障関係費」26兆4,267億円(27.9%)、「地方交付税交付金等」(地方公共団体の財政力の差の調整のために国に納められた税金の一定割合を地方公共団体に交付するもの)17兆4,348億円(18.4%)、「公共事業関係費」6兆1,744億円(6.5%)、「文教及び科学振興」5兆7,982億円(6.1%)、「防衛」4兆9,461億円(5.2%)、「国債費」(国債の元本返済や利子の支払い)21兆5,491億円(22.8%)などとなっています。
 

 
  この中でも特に社会保障給付費は、高齢化の進行により今後も増加することが予想されます。
 

 
  国の財政状況を身近な家計で例えると、月収40万円の家庭で、家計費に58万円とローンの返済に17万円を支出し、不足分の35万円は借金で賄い、ローンを6,348万円も抱えてしまっているようなものなのです。
 

 
  このように、日本の財政は歳出が税収を上回る状況の財政赤字が続いています。そのため、国債や借入金などの国の借金の残高はどんどん膨らんできているのです。
 
  ムダを省き、支出の優先順位を決め、収入アップを検討するなど家計も日本の財政も見直しが大切ですね。
 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

こんにちは!ハナコです♪
 

 
先日名古屋で、SBI証券主催の
 
「家計の総合相談センター代表の吉田江美による
 
間違いだらけの保険選びfrom世界一やさしい保険の本」を開催しました。
 
行列のできる保険ショップがはじめて書いた世界一やさしい保険の本
 
仕事帰りの男性や女性など、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!
 

 
今回は、安心して生活してもらえるための土台づくりである保険や年金について
 
弊社が昨年発売した「世界一やさしい保険の本」を使いながら
 
1つ1つわかりやすく解説しました。
 

夏のライフプランセミナー

 
また、個別相談付きのセミナーということもあり、皆さん真剣に聞いて下さり、
 
弊社の相談員が、ご相談も担当させて頂きました。
 

 
この他、使っていない人が多い個人年金保険料控除についてもお話しました。
 
まもなく年末調整もはじまりますので、税金の優遇も味方につけた上で、
 
ご自身のライフプランやマネープランを考えてみてはいかがでしょうか?
 

 
保険相談センターでは、公的な制度を踏まえた上で、
 
民間の保障でどう準備していけばいいかという考え方をご提供する他、
 
多種多様な保険があり、どれがいいのかわかりにくい保険選びのお手伝いも
 
28社の保険を網羅した相談員が担当いたします。
 
個別のご相談のお問い合わせは、
 
0120-875-875(ハナコ、ハナコ)までお気軽にお電話ください。
 

 

 

 
私たち家計の総合相談センターは、正しい金融商品の使い方をこれからも広めていくために、様々なゲストを今後もお招きし、暮らしに役立つセミナーを開催していきたいと思います。お楽しみに♪
 
家計の総合相談センター:セミナー情報
 

 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

こんにちはハナコです♪
 

 
当社の森朱美が、マネー雑誌『あるじゃん』(2011年12月号)のマネープランクリニックに掲載されました。
 

 
我が家の家計簿
 
※クリックで大きく表示されます
 

 
今回のご相談は、ご主人36歳・奥様29歳のご夫婦です。 
 
ご相談内容は、「老後資金が不安で、どのくらい準備すればいいか?」でした。
 
老後資金や今後の貯蓄プランの他、保険のアドバイスもしています。
 

 

あるじゃん 2011年 12月号 [雑誌]

 リクルート (2011-10-21)
 

 

カテゴリ:
投稿者: ipdelta

当グループ:家計の総合相談センターの森朱美がシティリングに、『お仕事ガールのためのお金講座』のテーマでインタビューを受けました。
 

 
最近騒がれている円高をテーマに、マネーの仕組みについてコメントしております。併せて、女性読者の貯蓄や運用に関するご相談もお答えしましたので、ぜひお読みください。
 
我が家の家計簿
 『『お仕事ガールのためのお金講座』

 
※クリックで大きく表示されます
 

 
シティウェーブ名古屋版 : 円高で今、なにがおきているの?
 

 
また、11月には、【年金・保険】編、【貯蓄・運用】編と、2回分けてセミナーを開催しますので、ぜひご参加をお待ちしております。
 
セミナー – 家計の総合相談センター
 
 



相談予約はこちらから。
相談予約

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930