最近、新聞紙上よく見る「CSR」という言葉。 企業評価の新たなモノサシとしてCSRが注目され、優良企業を示すキーワードにもなっています。
 

 
1.CSRとは ?
 
CSRとは、”Corporate Social Responsibility”の頭文字をとった表現です。 日本語では一般的に、「企業の社会的責任」と言われています。
 

 
不二家の期限切れ原料使用問題、過去には雪印乳業の集団中毒事件や三菱自動車のリコール隠しなど相次ぐ企業の不祥事がきっかけとなり、 企業の社会的責任(CSR)が強く叫ばれるようになりました。 企業の無責任な行動に対して、社会的なルールを守り、誠実な経営を続ける企業が強く求められるようになったのです。
 

 
企業も社会の一市民であり、経済的な利益の追求だけでなく、 ステークホルダー(利害関係者)全体の利益を考えて行動するべきであるとの考え方をCSRといいます。 ステークホルダーとは、企業と何らかの利害関係のある顧客、株主、従業員のほか、取引先、地域住民、求職者、投資家、金融機関、政府などのことです。
 

 
CSRは、社会から求められていると同時に、企業自身にもメリットがあります。
 
CSRへの積極的な取組みをしている企業では、不祥事などのリスクを回避することにつながり信頼性がアップします。 また「環境」「女性の活躍」「社会への支援活動」などのCSRへの取組みにより、企業のブランド価値が向上します。 特に欧州では「CSR=企業の競争力強化」という位置づけが一般的に受け入れられつつあるそうです。
 

 
2.CSRに取り組む企業へ株式投資も
 
さらに、CSRに取り組む企業を株式市場でも評価しようという動きが広がっています。 つまり、CSRに積極的に取り組んでいる企業は優良企業を示すキーワードにもなっているのです。 各企業のCSRへの取り組みを調べてみると、よい会社を探すことにもつながります。 その企業に株式投資をしてみるのはどうでしょう。 ご自身の関係のある、あるいは興味がある企業の「CSRへの取り組み」を調べてみてはいかがでしょうか。
 

 
企業の長期的な安定性や成長性をCSRの観点から評価をして投資をする動きを一般的に 「社会的責任投資”Socially Responsible Investment”」と言います。 社会的なルールを守り、誠実な経営を続ける企業に投資することで、よりよい社会を実現しようというのがSRIです。
 

 
SRIを投資基準とした投資信託を一般にSRIファンドと呼んでいます。 日本では、1999年から環境問題に取り組む企業に投資するエコ • ファンド(投資信託)が発売されています。 現在では、環境だけではなく、人権 • 雇用 • 福祉 • 社会貢献への配慮 • 実行状況 • 執行体制などをチェックし、 運用の専門家(アナリスト • ファンドマネジャー)により銘柄が選定されています。 SRIファンドに採用されている銘柄からよい会社を見つけることもできますね。
 

 
CSRへの取り組みから、私たちが、企業を選択し、その企業の商品やサービスを選択する時代になりつつあります。 CSRに取り組んでいる企業がふえることでよい社会が実現する、またCSRを取り組む企業で投資する、あるいは働くことで、 よりよい社会の実現に貢献できると考えるとうれしいですね。