マイホームを購入する人には気になる住宅ローン控除。
 
住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に、年末のローン残高に所定の控除率をかけた額を所得税額と住民税額から控除できる制度です。
 

 
一般住宅を取得し入居した場合
 

 
長期優良住宅を取得し入居した場合
 

 
※図はクリックすると大きくなります。
 

 
今年は、過去最大の最高600万円と言われていますが、600万円など大きなメリットを受けられるのは、高額所得者で高額のローンを借りる人だけです。自分自身の場合にはどのくらいなのかを確認しておきましょう。
 
住宅ローンを組むと税金が戻ってくるといっても、戻ってくる金額よりも、支払う金利の方が多くなりますので、せっかくだからと多額の借り入れをしないようにしましょう。
 
住宅ローン減税にまどわされず、ご自身のライフプランに合った住宅資金計画を立てましょう。
 

 

 
New 今年から所得税で引ききれなかった額があるときは、住民税からの控除も可能になりました。翌年度分の個人住民税から最大97,500円まで控除できることになりました。
 

 
New 「認定長期優良住宅」(耐震性や耐久性等が一定基準を満たした超長期住宅)を建てて入居した場合には、住宅ローン減税額が100万円割増になる他、ローンを借りない人でも最大100万円の税額控除を受けることができます。