もうあと数日で、今年も暮れようとしています。
 
今年は裁判員制度がスタートし、政権交代もありましたね。皆様の1年はどんな1年でしたか。
 
来る2010年はどのような1年になるのでしょうか。
 
2月にはバンクーバーで冬季オリンピック、5月には上海でバンコク博覧会、6月には南アフリカでFIFAワールドカップが開催されます。楽しみです。
 

 
2010年のライフプランに関しての主な改正事項は以下のことが予定されています。
 

 
■ライフプランにプラスな改正■
 
子ども手当創設・・・6月から中学卒業までの子ども一人当たり月額1万3,000円支給されます。
 
高校授業料の実質無償化・・・公立は授業料が無償化されます。私立は年収に応じて年12~24万円の補助があります。高等専門学校や専修学校も対象です。
 
児童扶養手当・・・母子家庭と同様に父子家庭にも支給が開始されます。
 
【フラット35】Sの金利引下げ幅の拡大・・・現行では、【フラット35】の借入金利から当初10年間 年0.3%引下げ ですが、改正後は、【フラット35】の借入金利から 当初10年間 年1.0%引下げとなります。住宅ローンを借りる人にとっては、朗報ですね。
 
住宅取得等資金贈与の非課税枠の拡大・・・住宅取得資金贈与の非課税枠が現行の「500万円」から「1500万円」へ大幅に拡大します。
 
確定拠出年金の掛金額上限がアップ・・・会社員で個人型を利用している人は(国民年金の第2号被保険者)18,000円 が平成22年1月から23,000円まで拠出することができるようになります。
 

 
■ライフプランにマイナスな改正■
 
・15歳以下の扶養控除廃止〈2011年1月から/住民税は会社員の場合2012年6月から〉・・・15歳以下のお子様の扶養控除38万円が廃止となり、高校生のお子様(16歳~22歳)の特定扶養控除が現行の63万円(住民税は45万円)から38万円(住民税は33万円)に減額となります。増える所得税収は子ども手当などの財源に充てられます。子ども手当を受け取る世帯は負担増になりません。
 
国民年金の保険料のアップ・・・現在月額1万4,660円ですが、4月から1万5,100円にアップします。
 
厚生年金の保険料のアップ・・・労使で標準報酬月額の15.704%ですが、10月納付分より16.058%にアップします。ご自身の負担は7.852%から8.029%になります。
 
健康保険料の引き上げ・・・中小企業向けの「協会けんぽ」で労使で年収の8.2%が9.3%にアップします。ご自身の負担は4.2%から4.65%になります。
 

 
子育て家庭や住宅購入する家庭にメリットがある一方で、社会保険料の負担増など家庭に厳しい改正も行われます。家計重視の政策は、国債依存度が高まる結果ともなり、長期的にみて安心な政策が望まれます。
 
家計運営においても、長期的にみて安心な家計戦略を立てることが大切です。安心なライフプランの計画に、来年も相談センターをぜひご利用ください。
 
皆様の来年が輝かしい年でありますようお祈り申し上げます。