育児休業を取得した場合、雇用保険から「育児休業給付金」を受け取ることができます。1歳未満の子どもを養育するために育児休業を取得している間、給料の50%が支給されます。
 

 
パパ・ママ育休プラス制度(平成22年6月30日施行)では、パパママともに育児休業を取得する場合(一定の要件を満たすと)、原則子どもが1歳までの対象が、「1歳2ヶ月」までの間に延長されます。例えば、ママが育児休業給付金を1歳まで受け取り、その後入れ替わりでパパが1歳2カ月まで2ケ月間だけ育児休業給付金を受け取ることもできるようになります。
 

 
厚生労働省によると男性の約3割が育児休業をとりたいと考えている一方で、実際の取得率は1.23%に過ぎず、男性が子育てや家事に費やす時間についても極めて低い水準にとどまっているそうです。このような背景において父親の育児休業取得を支援するために創設された制度です。
 

 

 
参考サイト:ハローワークインターネットサービス 雇用継続給付 育児休業給付
 
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3d.html