保険相談センター

ホーム > 死亡時の必要保障額はいくらくらいですか?

死亡時の必要保障額はいくらくらいですか?

生命保険にいくら加入していればよいかは、世帯主に万一が起きた場合に必要になる遺族の生活費等から遺族が受け取ることができる収入等を差し引いて計算します。不足する部分を生命保険で補填するという考え方です。

【遺族の生活費の見積もり】

現在の基本生活費をもとに、遺族の基本生活費を見積もります。末子が独立するまでは現在の70%、末子独立後、妻一人が平均余命まで生活する期間は現在の50%を目安にして計算します。

【夫が亡くなった後の基本生活費は?】

基本生活費以外の一時費用は、子どもの教育資金や結婚資金援助、住居関連費用、車の買替え費用、葬儀費用等をライフプランに合わせて見積もります。

【その他の一時費用】

○教育資金・・・希望進路で見積もる

○住居関連費

  • 持ち家の場合
    住宅ローン・・・団体信用生命に加入⇒0円、団体信用生命保険に未加入⇒残額を見積もる
    住宅維持費・・・今後必要になる固定資産税等を見積もる
  • 賃貸の場合
    家賃・・・今後必要になる家賃を見積もる

○その他
子どもの結婚資金や車の買い替え費用、葬儀費用等、必要資金を見積もる

相談の流れはこちら 相談予約はこちら

よくあるご質問へ戻る


保険相談センターTV

Java Scriptを有効にして下さい。

相談予約

最新ニュース一覧